2019/09/16

9月のカラスウリとかその他の植物

 今日はなぜか『ウォーキング』が無い。・・・遠方で行けないとかではなく、JR・天浜線とも予定が組まれていない。せっかくの連休なのに? 来週の三連休は、それこそ『祭り』や『彼岸の法要』で行けないので、この空白は残念ですね。

 さて・・・というわけで、本日は『庭の片づけ』・・・緑のカーテン はまだまだ元気だし、陽射しも強いので10月までほっとくとして・・・秋植え・冬越し前の片づけをしましょうか。

 そんなこんなで・・・現在の庭の様子。・・・まずは『カラスウリ』・・・まぁ。今年まいた種なので花も咲きませんでしたし・・・勝手に根付いた苗も、小さな雌花が一輪咲いたのに気づいたぐらい。・・・とりあえず蔓を伸ばして育っていってたけど、まだ雄株も雌株もわからないので、全部冬越しさせて来年に期待かな?・・・数が多いので、大きな根塊だけ残そうかな?

 で・・・同じく緑のカーテンの構成員『パッションフルーツ』・・・こちらは片づけるときに1メートルほど蔓を残して、何とか冬越しをさせる予定。ここ2年程成功しているので何とかなるでしょう。・・・夏場に挿し木をして株も増やしておりますので、来年も新しい苗を買わずに済むと良いなw

 『ペンタス』と『ランタナ』・・・種類は違うが、両方とも小さな花がまとまって咲く・・・紫陽花系? この手の花が好きなんだよねw・・・どちらも『冬超し』できますので、しっかり管理していきたいです。・・・両方とも挿し木で株を増やしてありますw 簡単に根が出るんだよなこれがw

 『サンパラソル』・・・こちらも蔓で伸びる花・・・これは緑のカーテンではなく鉢植えですが。 『マンデビラ』が正式な名前なのかな?・・・こちらも冬超しできます。(昨年経験済み)・・・まぁ、いずれにしても『温暖な静岡県』だから冬超しできるんでしょうね。多少は風よけとかしますが、あまり手をかけてませんw

 『アマリリス』・・・庭に植えっぱなし。ほとんど手をかけなくても毎年咲きます。 が、多少花が小さくなってきてるし、球根も込み合ってきてますので、多少の間引きは必要か?・・・まぁ、冬までほおっておきます。

 鉢植えの『キキョウ』・・・今年から増えた花・・・これも冬超しできるようで、2年目の株に挑戦です。 『トルコキキョウ』は1年草だそうで。

 鉢植えの『種から育てた柑橘類』・・・キンカンとかユズとかレモンとか・・・こちらはちょっと大きな鉢に植え替えて外に出しておいたのですが・・・葉っぱ イモムシ にやられましたw・・・かろうじてまだ生きてはいるようですが・・・株が育たなかった。 室内に置いてあった『キンカン』が一番大きく育ってますね。

 あと・・・ちょっと話題から避けていた『種まきした紫陽花』・・・個々に植え替えたまではよかったが、水の管理を間違えた? 毎日しっかり水を与えてたんだけどねぇ・・・鉢と違って、全体の土の量が少ないせいでしょうか?この夏の日差しにやられました。・・・多少小さく緑色が残っているが、これは勝手に生えた雑草みたいw・・・今年は種の確保をしていないので、来年のチャレンジはお預けですね。

 ということで、暇に任せた長文になってしまいましたが・・・ぼーっと草花と遊ぶのもよいですよ? 何も考えなくてもよいですしw

| | コメント (0)

2019/08/08

8月の紫陽花 管理

Dsc_0369

    連日、ものすごい暑さが続きます。植物には厳しい季節ですね。・・・と言うことで、『8月の紫陽花管理』の基本は、『遮光』と『水やり』です。

    来年の花のために、陽射しが必要ではあるのですが・・・さすがに8月の直射日光は強すぎる。・・・あまり強い日光を受けると『葉焼け』をおこしてしまいます。そう、この記事のトップ写真のようにw・・・『明るい日陰』に置くぐらいが丁度良いのですが・・・『明るい日陰』って?

    まぁ、『終日日光を浴び続け』なければ良いので『木陰』におくとか、『よしづ』で遮光してあげれば良いのです。・・・が、写真の葉焼けは木陰に置いてあったもの・・・大丈夫だと思ってたんだけどここ最近の陽射しがきつかったんだろうね。

    合わせて、『水やり』も注意。朝しっかりあげてないと夕方しおしおになってます。・・・一回ぐらいなら、鉢ごと一晩バケツに入れておけば復活するけど・・・ダメージはすごいのだろうな。

    あと、肥料は基本的にはあげなくて良いようです。

| | コメント (0)

2019/07/09

野生の『ポインセチア』が現れた‼️

Dsc_0371

   我が家の庭に生えた『ポインセチア』・・・もう葉っぱが色づいて来てますねw

    何年か前のクリスマス時期に購入して・・・その後ばあちゃんが庭に放置していたのですが・・・花でも咲いて、勝手に種がこぼれ落ちたのか?・・・いつの間にやら自生しておりました。

    家の庭・・・そんな花が多いんだよなw・・・日日草やペチュニアなんか、毎年勝手に生えてきて咲いてるから。・・・ただ、栄養不足で貧相なのが残念ですがw

| | コメント (0)

2019/07/08

レモンの花

Dsc_0362

 我が家のレモンの木に、花が咲きました。・・・さすがに、冬に蒔いた種が発芽したやつじゃなく、先月買った苗木ですがw

 とはいえ、先週末の雨に打たれて、すぐに散ってしまいましたが・・・結実しないだろうなぁ。

| | コメント (0)

2019/06/03

パッションフルーツ

Img_20190602_113947

 もう20年ほどやってるのかな?・・・我が家の『みどりのカーテン』・・・最初は『中部電力』のキャンペーンかなにかでもらった『ゴーヤー』から始まり・・・『宿根朝顔』『きゅうり』『へちま』『風船カズラ』『夕顔』等々いろんなものを植えてます。・・・中にはホントに根付いて毎年勝手に出て来るようになったもの(さすが名前の通り『宿根』ですw)もありますが、種を巻いたり苗をかったり。

 で、10年ちょっと前から『パッションフルーツ』が仲間入り。・・・とは言うものの『苗』もなかなかお高いので、植えるのは2~3本

 でも、『温暖な静岡なら、越冬出きるんじゃない?』と思って挑戦したら、昨年成功しまして・・・じゃ今度は『全面パッションフルーツだぁ!』と、今年は『挿し木』とかで越冬苗を増やしまして・・・親株を含めた12本の苗が現在植えられております。

 が、越冬したのはよいけれど、なかなか成長しなくて・・・勝手に生えてくる『宿根朝顔』に勢力的に負けてますね。・・・それでも成長してきたなぁと思っていたら・・・あら?いきなり『花』が咲いてるじゃありませんか!

 まだ腰の高さより低いんですが・・・頑張って日陰を作って欲しいものです。


| | コメント (0)

2019/05/15

マリーゴールド アフリカン

Img_20190512_151938

 我が家の玄関先に咲く・・・一際大きなマリーゴールド。 その名も『マリーゴールド アフリカン』w 

 アップの写真なので、大きさが判りづらいでしょうか? ちなみに、花の直径は10cm強あります。・・・そう。まるでアフロヘアーのようです。

 二年ほど前にホームセンターで見付けて以来、毎年我が家の玄関に植えられています。・・・かなりの存在感w

 ただね、次のつぼみはそこまで大きく咲かないので・・・かなりの『一発屋』ではありますがw

| | コメント (0)

2019/04/24

カラスウリ 発芽

Img_20190423_212541

 1月に蒔いたカラスウリの種・・・ついに発芽しましたよ!!・・・しかも『気がつかない』うちにw

 1月の時には・・・過去なかなか発芽し無かったカラスウリの種を・・・いろんな所に傷を付け・・・どれが発芽率が良いかしっかり区別(テプラでラベルまで作って)しておいたのに・・・今回発芽したのはそのいずれかではない・・・『余った種をもったいないから適当に蒔いた』ものの内の一つ・・・だからそもそも傷を付けたものかどうかも解らないw・・・比較実験の意味って・・・

 うーん。まだ発芽してない種も・・・そのうち待っていれば芽が出るといいな。

| | コメント (0)

2019/03/11

3月の紫陽花 休眠芽挿し(その2)

Img_20190302_154403 さて、『休眠芽ざし』にも再チャレンジ・・・暖かくなってきたようなので今回は『参考書』のとおりやってみましょう。

 まずは、枝の準備・・・職場から冬芽の出ている枝をもらってきまして・・・と思ったら・・・あれれ? 大きく刈り込まれているぞ?・・・1月に見たときは小さな芽の付いた枝があったのに・・・この時期に刈り込まれると、今年の花は期待薄なのですが?

 しかたがない・・・お隣の垣根の無駄に伸びた紫陽花の枝を2本ほどもらってw・・・あとは赤玉土に挿すだけ。・・・って、枝が太いな、おぃ!・・・なんか、本で見た写真と違う。・・・というかこれ『木質化』してるよね? 発根するかなぁ?

 お隣の紫陽花・・・とにかく放置気味で・・・剪定も『夏場に電動バリカンで上部を刈り上げる』だけ・・・今年伸びた枝葉はばっさり刈り取られ・・・後に残るのは毎年同じ古い太い枝のみ・・・よくこれで毎年きれいに咲くものです。

 参考までに・・・休眠芽ざしは、『充実した枝』を使えば、今年の開花も期待出来る・・・らしい。・・・『充実した枝』の判断が素人には出来ませんw
 ネットの写真なんかを見ると・・・もっと細い枝を使っているようなのですが・・・この時期、よっぽど管理した(よその庭の)紫陽花でもない限り、そんな枝に芽が出てる物を見かけない。・・・

 で、2月初旬に『フライング気味』に行った『休眠芽ざし』の状態は(写真、カラーポットに植えてある分)・・・うーん? 先端の芽が開いてきてるけど・・・試しに抜いた一本はまだ発根していない?・・・こちらも、同じように管理を続けていきますか。

 ※休眠芽差し・・・『芽が開いてから発根』らしい。

本日の支出
・ な し
 今日は帰りに財布を職場へ置き忘れて帰ってきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/06

3月の紫陽花  種まき

Img_20190302_154736 紫陽花も種から育てられるということで・・・今回は『種まき』に挑戦!

 紫陽花の種・・・見たことないでしょうねw。私も今回始めてみました。
紫陽花の花の・・・花びらに見えるところが『萼片(花弁)』なのは有名な話。で、その中心にある『小さな点』が本来の花。あわせて『装飾花』と呼ぶのですが・・・ここは受粉しません。 『装飾花』に隠れて大きな萼片を持たない『両性花』が有りまして個々に種が付くのです。

 花が終わっても冬まで『花首』がそのままになっている場合、よく見ると両性花が『壺状』に実っていて、その中に『種』が入っています。
 が・・・とっても小さいですよ。本には『ほこりのような小さい種』と書いてあるぐらいw

 さて・・・この日のために、私も昨年秋『枯れた花』を確保済み。・・・職場の『紫陽花』とかお寺の『紫陽花』からもらってきてあります。(ちゃんと了解済み。お寺は冬の掃除の時に剪定ついでにもらいました。)・・・湿気対策で紙袋に保管してありました『枯れた花』を取り出しまして・・・うーん?収穫が遅かったかな?・・・種が入っているはずの『壺状』になっているところ・・・穴が開いてましたよw・・・袋の中に種のような物も落ちてなかったので、採取したときにはすでに種が入ってなかったようです。

 それでも、少しは残っているものも有りまして・・・『穴の開いていない』壺から『目打ち』を使って種を取り出す・・・うん。まさに本に書いてあるとおり・・・こんなものが発芽するのかと思うくらい小さな、それこそ鼻息で飛んでいきそうな『粒』でした。

 では・・・平鉢に赤玉土をいれまして・・・水をまいて、その上に種を『振りかける』・・・しかしとても小さいので、均一にはまけませんねぇ・・・土の上に、何かほこりの粒が付いたようなので、蒔けたのは確かなのですが・・・こんな表面に落ちた状態で発芽するのか不安。

 で、上に覆土はせず・・・上から水をかけないで、底面給水(洗面器等に水を張り、そこに鉢を浸けておく)・・・これを『雨の当たらない日当たりの良いところ』に置いておく。
 これで、5月頃までに発芽するとのこと。

 本来種まきは『偶然任せの品種改良』・・・親の花とは『ちょっと違った萼片』の花を咲かせるのだとか。
 まぁ今回は・・・親の花の色も解らない枯れ花を集め・・・しかも数種類の花が混ざっています。・・・まぁ、とりあえず練習がてらw・・・でも、やっぱり発芽するといいな。

本日の支出
・ な  し

 さぁ、年度末になって来ました。・・・仕事がキビシイ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/04

3月の紫陽花  鉢上げ

Img_20190302_154317 昨年夏に『緑枝さし』を行い・・・半年以上大切に管理してきた苗・・・ついに『鉢上げ』です。

 思えば一昨年・・・早く鉢上げしすぎて枯らしてしまった苦い経験・・・それがあったので、『鉢上げ』のタイミングは迷ったんですよ。
 インターネット先生に聞いてみると・・・諸説出てきまして・・・一番多い情報は、それこそ以前失敗した『根が張ってきた頃(挿し木しておよそ1か月後)』ほかにも『6月中旬から7月中旬の間』『9月中頃』『時期が良ければ3週間』『根が2~3cmに伸長したら(抜いて調べるのか?)』等々・・・ドウシタモノカ・・・

 結局書店で購入した『NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ アジサイ』をバイブルとし・・・以後、この本に従い日程を決定。

 で、バイブル曰く・・・『鉢上げは翌年の3月』・・・『(挿し木)1か月ほどで発根はするが、この段階ではまだ樹勢が弱く、根付かない場合がある』『翌年3月、春の彼岸までに行えば根付きやすく、早ければその年に、遅くとも翌年には花が咲く』・・・とのこと。

 ということで・・・『鉢上げ』を決行。・・・とは言っても、2月中旬からちょっと暖かくなってきていたので、すでに先月末からぼちぼち開始しているのですが・・・『バイブル』とは何だったのかw (いゃ、温暖な静岡県西部地方ですから・・・)

 基本の用土(赤玉7:腐葉土3)を準備しまして・・・鉢から出し・・・挿し木をした時期の違いか?根のまわり方にもかなりの差がありまして(早い物は6月下旬・遅い物は9月初旬に挿し木)・・・鉢いっぱいに廻っているののもあれば、ちょとちょろと不安になる程度の物も・・・根がいっぱいの方も、根鉢をどう崩して良いものか?・・・新しい鉢に植え付け・・・水をたっぷりあげて完了。
 移す鉢のサイズに悩んだが・・・まぁ、この秋に植え替える必要はないだろうと基本『ひとまわり大きい4号鉢』を選択・・・鉢の数が足らないのでw一部はそのまま『5号鉢』に。・・・ちょっと無理をさせたのもあるので、頑張ってほしい。(秋には大きな鉢にするからね。)

 挿し木をするとき・・・とりあえず数の確保のため、本来挿し木にしない部分も挿してあり、『新しい芽』が出ていないものもあるけれど・・・根がしっかり生えていたので、これも鉢上げ・・・どう見ても枯れ枝が鉢から立ち上がってるだけに見えるけど・・・根元から新しい芽が出てくるのを期待します。

 さて・・・今年咲く鉢はあるのかな?

本日の支出
・南アルプスの天然水スパークリング ジンジャー  ¥111-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧