2019/11/30

11月の紫陽花 管理

Dsc_0493

    11月の最終日に『今月の管理』を書くのもなんだけどw・・・いゃ、今月ってほんとにやることがないのですw。

    『表面が乾いたらたっぷり水やり』ってのは、毎回の注意点。    『肥料は与えない』『植え替えはしない』『剪定なんてもってのほか』な11月。・・・大きな注意事項は『霜にあてない』ことだけど、温暖な静岡県。11月に霜なんてw

    まぁ、さすがに12月直前になって朝晩(多少)冷え込むようになって来ましたので、置場所をそろそろ移動しなくては。

    写真は・・・大分茶色になってきた紫陽花の葉っぱに擬態していた『カマキリ』・・・さわったから動き出したけど、じっとしていた時は気がつかなくてちょっとびっくり。

| | コメント (0)

2019/10/16

10月の紫陽花 管理

Img_20191014_163805

 今月の紫陽花の管理は・・・なにも無しw いぇ、本当にこれと言ったことは無いのです。

 花芽をしっかり育てるために『日光のよく当たる場所』に置く。 水やりは『鉢土の表面が乾いたらたっぷり』あたえる。 肥料は『与えない』

 とのことで、ほんと日当たりのよい場所に置いて朝晩の水やりだけ・・・なんだけど、10月入ったばかりはまだまだ陽射しが強く 夕方に葉が萎れていることもしばしば。 水に浸せばすぐに元に戻るけど、あんまり樹には良くないかな?

 あと、肥料を与えないのは 『冬の休眠期に入るまでに枝が延びてしまい、柔らかいまま』に冬になってしまうから。 柔らかい枝のままだと、寒さで割れてしまうこともあるのだとか。

 少しずつ葉っぱが落ち初めて来たので始めないといけないね。、冬対策も考えて


| | コメント (0)

2019/09/14

9月の紫陽花 管理

 9月も半ばになってしまいましたが・・・9月の紫陽花の管理について。・・・それこそ『前半』と『後半』で対応が変わってきます。

 前半は、まだまだ8月の続き。・・・直射日光を避け、水の管理が重要です。 土が乾いたら十分に水を与えます。 いゃほんと。朝、まだ湿ってるなと思っていい加減な水やりをすると・・・帰宅したときには葉っぱがぐんにゃり萎れている。 ひどいときには葉っぱの先端が『葉焼け』してしまって・・・危なかった鉢をいっぱい発生させてしまったw・・・まぁ、バケツに鉢が浸かるほどの水を入れ一晩おいておくと、何とか復活してくれたのですがね。

 逆に、9月の後半・・・だいぶ気温&陽射しが落ち着いてきたころ・・・今度は、『充分に陽に当てる』ことが必要です。ここで陽に当てることによって花芽が育っていくとのことです。・・・ただねぇ、陽射しについては判断の難しいところで、昼間も家にいるわけじゃないからちょっと怖くて外に出しっぱなしはできないところです。

 あと、鉢には、10日に1回程度の『液肥』を与えると良いとのこと。・・・不思議なことに、来月(10月)は『肥料を与えてはいけない』ことになっていまして・・・理由? 調べときます。

 挿し木・鉢替えの適期でもあるようです。・・・挿し木はおくさんに怒られるので、もう増やせないけどねw

Dsc_0400

    と言うことで、写真は『葉焼けした紫陽花』・・・まだ軽症のヤツ。

| | コメント (0)

2019/08/08

8月の紫陽花 管理

Dsc_0369

    連日、ものすごい暑さが続きます。植物には厳しい季節ですね。・・・と言うことで、『8月の紫陽花管理』の基本は、『遮光』と『水やり』です。

    来年の花のために、陽射しが必要ではあるのですが・・・さすがに8月の直射日光は強すぎる。・・・あまり強い日光を受けると『葉焼け』をおこしてしまいます。そう、この記事のトップ写真のようにw・・・『明るい日陰』に置くぐらいが丁度良いのですが・・・『明るい日陰』って?

    まぁ、『終日日光を浴び続け』なければ良いので『木陰』におくとか、『よしづ』で遮光してあげれば良いのです。・・・が、写真の葉焼けは木陰に置いてあったもの・・・大丈夫だと思ってたんだけどここ最近の陽射しがきつかったんだろうね。

    合わせて、『水やり』も注意。朝しっかりあげてないと夕方しおしおになってます。・・・一回ぐらいなら、鉢ごと一晩バケツに入れておけば復活するけど・・・ダメージはすごいのだろうな。

    あと、肥料は基本的にはあげなくて良いようです。

| | コメント (0)

2019/07/17

7月の紫陽花 うどん粉病?

Dsc_0375

    夕方にライトをあてて写したので、少々見辛いのですが・・・なんか『白く』なってきた紫陽花の葉っぱ。・・・これって『うどん粉病』なのか?

    記録的な『日照時間の短さ』の昨今。湿気も多いし、病気が出てきてもしょうがないのか?

    と言うことで、ホームセンターでスプレー式の消毒液を購入。葉っぱに散布したのですが・・・

    うどん粉病って、『乾燥すると発症しやすい病気』って書いてあるのだが??

    まぁ、市販の消毒液であれば、他の原因であっても効果があるでしょうw

    とにかく、日差しが出てしっかり日の光を浴びればなんとかなるような気もしますが。

| | コメント (0)

2019/07/01

7月の紫陽花 管理

Dsc_0359

    梅雨真っ盛り・・・まさに紫陽花の季節という感じですが、花のピークはもう過ぎたのかな?    路地の紫陽花もだいぶくたびれてきているようです。

    と言うことで、7月の紫陽花の管理は・・・基本『剪定』になりますね。

    終わった花から、2節ほど下のところで選定をします。で、そこのところから『来年の花芽(になるであろう)』が伸びてくるのです。写真がちょうど新しい芽が伸びているのですが 、わかるでしょうか?

    この時期~お盆までに選定を終わらせないと、来年に花芽がしっかりつかないとのこと。というか、秋以降の選定だと花芽を落としてしまう恐れがあります。

    また、この時期はしっかり日光を浴びないと、花芽の育成に良くないのだとか。・・・が、あまり強い日差しだと水切れを起こす可能性も・・・難しいね。

    あと、育成のために『有機性の肥料』を与えてください。(花を咲かせたお礼肥料)

    鉢を一回り大きいものに植え替えるにも適した時期だそうですが、植え替えをした場合はお礼肥料は根の落ち着いた二週間後あたりが良いようです。

    あと、挿し木の時期でもあります。(が、梅雨明けの7月後半はちょっときついかな?)・・・ぜひ皆様もチャレンジを。

| | コメント (0)

2019/06/18

6月の紫陽花  発芽苗の植え替え

Img_20190615_170000

 3月に蒔いた『紫陽花の種』・・・4月上旬に『発芽』して2ヶ月経過・・・本葉も4枚ほどになってだいぶ『普通の植物』っぽい見た目になってきましたので、そろそろ『次の段階』へ移りましょうか。

 それは『発芽苗の植え替え』・・・ばらまきで生えてきた苗の株の間を広げます。・・・株間が狭いままだと、苗が大きくならないか枯れてしまうとのこと。

 ちょうど先日、おくさんが買ってきた『10連』の花の苗の容器が残っていたので、それを利用。

 赤玉土(小粒)を容器に入れ・・・小さな芽(苗)をピンセットでそっとつまみ上げ・・・爪楊枝であけた穴に根を入れ、表面を軽く押さえ・・・たっぷりの水を与えて完了。 なのだが・・・苗が小さいし、それに比べて根が長い。濡れた土がピンセットの先に張り付いて植えづらい。・・・うーん。うまく根付いてくれるでしょうか?

| | コメント (0)

2019/06/17

6月の紫陽花 挿し木

Img_20190615_170023

 紫陽花の増やし方の基本『挿し木』・・・5月中旬~7月下旬、9月中旬~下旬が適期とされています。 が、やはり花の咲くいまごろの時期にすることが多いでしょうね。

 挿し木の仕方は・・・

①穂木を準備する。・・・今年伸びた枝を2節(葉っぱ4枚)残して切る。葉っぱは半分ほどカットする。(水分の蒸散量を減らすため)

②水あげをする。・・・切り口を水に一時間程度浸し、水を吸わせる。

③穂木をさす。・・・赤玉土や鹿沼土などの栄養のない土をよく湿らせる。割りばしなどを使って土に穴をあけ、穂木をさし込む。密着するように土を押さえる。

④水を与える。・・・明るい日陰において、土が乾かないように水やりをしながら管理する。

が、基本。

 経験から、失敗の一番の原因は・・・水やり。やりすぎてもダメだとは言うけど、朝晩与えるぐらいでも大丈夫だと思います。 やり忘れて昼間に水切れになる方がダメージ大きいです。・・・あと、夏場の管理かな?

 それと、肥料とかやりたくなるけど・・・一切不要ですので注意を。

 さて、我が家の今年の挿し木事情は・・・ただでさえ鉢数が多く、置場所に困っているので、あまりするつもりはなかったのだが・・・今年咲いた花の中から『増やしたいもの』とか、手に入れた『今我が家に無いような花』とか、赤い花を『青くする実験用』とかなんやかんやしていたら・・・20鉢ほどになってしまったw

| | コメント (0)

2019/06/02

6月の紫陽花  管理

Img_20190602_113930

 6月です。 紫陽花の季節ですね。 ローカルニュースでも、地元の紫陽花公園などの話題がちらほら出るようになりました。

 我が家の紫陽花も開花がはじまり・・・かなりにぎやかになって来ましたよ。

 さて、今月の紫陽花の管理は・・・『鉢は日の当たる場所』に置くこと。日当たりが悪いと、花がしっかり色づきません。 イメージ的に『日陰の花』がする紫陽花ですが、太陽大好きなんですよ。 花の咲いた鉢を室内に置く場合も、3日ほどでまた外に出した方が良いようです。

 『水は鉢の表面が乾いたらたっぷりあげる』・・・これはいつもと一緒ですが、雨の多い時期は『雨が降ったから』と乾き具合を確認忘れることがありがちらしい。葉が雨避けになって鉢土が乾いている場合があるので注意が必要です。

 『花が終わったら早めに剪定』『花後のお礼肥料を施す』ことがこれからの作業ですね。

 また、『挿し木』の時期でもありますが・・・去年鉢を増やしすぎたので・・・どうしようかな?

| | コメント (0)

2019/05/29

5月の紫陽花 開花

Img_20190529_183918

 さぁ、紫陽花が咲き始めましたよ。・・・ちょっと前から開きはじめて来てましたが、きれいに色づき咲き始めたのは先週末辺りから。・・・ここのところ帰りが遅かったから、なかなか写真も撮れなかった。 で、久しぶりに明るい時間に帰ることが出来たので。

 しかし・・咲いてみて気づい多のだが・・・普通の『ドーム型』の花が少ないな。しかも花色もちょっと変わってる。・・・まぁ、いろんなとこからもらってきた枝を挿したので、バラエティーに富んでるのでしょうね。

 花も『額紫陽花』っぽいのが多いのは・・・まぁこれは私の好みなんでしょうね。

| | コメント (0)