« 薄皮たい焼き(銀のあん) | トップページ | フルーツルイボス茶(三國屋善五郎) »

2019/03/04

3月の紫陽花  鉢上げ

Img_20190302_154317 昨年夏に『緑枝さし』を行い・・・半年以上大切に管理してきた苗・・・ついに『鉢上げ』です。

 思えば一昨年・・・早く鉢上げしすぎて枯らしてしまった苦い経験・・・それがあったので、『鉢上げ』のタイミングは迷ったんですよ。
 インターネット先生に聞いてみると・・・諸説出てきまして・・・一番多い情報は、それこそ以前失敗した『根が張ってきた頃(挿し木しておよそ1か月後)』ほかにも『6月中旬から7月中旬の間』『9月中頃』『時期が良ければ3週間』『根が2~3cmに伸長したら(抜いて調べるのか?)』等々・・・ドウシタモノカ・・・

 結局書店で購入した『NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ アジサイ』をバイブルとし・・・以後、この本に従い日程を決定。

 で、バイブル曰く・・・『鉢上げは翌年の3月』・・・『(挿し木)1か月ほどで発根はするが、この段階ではまだ樹勢が弱く、根付かない場合がある』『翌年3月、春の彼岸までに行えば根付きやすく、早ければその年に、遅くとも翌年には花が咲く』・・・とのこと。

 ということで・・・『鉢上げ』を決行。・・・とは言っても、2月中旬からちょっと暖かくなってきていたので、すでに先月末からぼちぼち開始しているのですが・・・『バイブル』とは何だったのかw (いゃ、温暖な静岡県西部地方ですから・・・)

 基本の用土(赤玉7:腐葉土3)を準備しまして・・・鉢から出し・・・挿し木をした時期の違いか?根のまわり方にもかなりの差がありまして(早い物は6月下旬・遅い物は9月初旬に挿し木)・・・鉢いっぱいに廻っているののもあれば、ちょとちょろと不安になる程度の物も・・・根がいっぱいの方も、根鉢をどう崩して良いものか?・・・新しい鉢に植え付け・・・水をたっぷりあげて完了。
 移す鉢のサイズに悩んだが・・・まぁ、この秋に植え替える必要はないだろうと基本『ひとまわり大きい4号鉢』を選択・・・鉢の数が足らないのでw一部はそのまま『5号鉢』に。・・・ちょっと無理をさせたのもあるので、頑張ってほしい。(秋には大きな鉢にするからね。)

 挿し木をするとき・・・とりあえず数の確保のため、本来挿し木にしない部分も挿してあり、『新しい芽』が出ていないものもあるけれど・・・根がしっかり生えていたので、これも鉢上げ・・・どう見ても枯れ枝が鉢から立ち上がってるだけに見えるけど・・・根元から新しい芽が出てくるのを期待します。

 さて・・・今年咲く鉢はあるのかな?

本日の支出
・南アルプスの天然水スパークリング ジンジャー  ¥111-

|

« 薄皮たい焼き(銀のあん) | トップページ | フルーツルイボス茶(三國屋善五郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の紫陽花  鉢上げ:

« 薄皮たい焼き(銀のあん) | トップページ | フルーツルイボス茶(三國屋善五郎) »