« 純米代吟醸酒 井伊直虎 (富士高砂酒造) | トップページ | 富士山本宮浅間大社 »

2019/01/10

カラスウリ 種まき(その1)

Photo 右の写真・・・カマキリの頭のようなこれ・・・『カラスウリの種』です。(打ち出の小槌型で縁起が良いとも言われています。)

 このブログで『カラスウリの花』を紹介したのは・・・もう遙か以前のこと。・・・そうこうしているうちに『道路拡張工事』などで、近所ではさっぱり見かけなくなりました。

 じゃぁ、自宅に植えればいいんじゃないかと・・・種を入手したのが5年ほど前。・・・7~8粒はあったのかな?・・・1本だけ芽が出て・・・大切に?(いゃ、かなり放置気味w)に育てていたら・・・昨年夏 ついに花が咲いたのです。・・・が、

 『あれ? なんか花が小さくない?』・・・残念ながら、これ・・・雌株だったようで。・・・あの、優雅な花とは全く異なる『キュウリの花を小さくしたような白い花』が咲いたのでした。・・・当然、雌花だけでは実が大きくなる訳もなく・・・

 ということで・・・雄株・雌株両方を育てるため・・・まず、近くの山に『カラスウリの実』を探しに!・・・途中、道ばたに赤い実を見つけたのですが・・・台風で壊れたのか?『崩壊したキウイの棚』に絡まっていて・・・さすがに誤解されてはいけないので(キウイの実がいっぱいなっていたw)断念。
 なんとか藪の中に群生しているところを見つけ、入手してきました。

 次に・・・しっかり発芽させるために、ネットで検索・・・したのですが、さすがに雑草w・・・『育て方』が見つからない。(種を蒔いた。育ててみた。ってのはあったのだが・・・こうすれば良いよって記載は見つからなかった。)

 それでも情報として・・・
 ・種まきは12月~3月の間
 ・種の周りの実の部分は『発芽抑制物質』が含まれている(らしい)
 ・堅い種なので、殻に傷を付けた方が良い?
             ・・・程度を知ることができましたので・・・

 仕方がない・・・これを参考に自己流でやってみますか・・・以前も適当で発芽したのですからw

 ということで、『カラスウリの育成記録』・・・まずは種まき準備編(その1)

 ①種を実から取り出す。

 ②種の周りの果肉部分を、丁寧に洗い落とす。

 ③大きめの種を選別

 ④4グループに分け・・・
   A・・・そのまま
   B・・・殻にカッターで傷を付ける
   C・・・カマキリの頭の部分を削る
   D・・・カマキリの目の部分を切り落とす(ここの部分、中身はからのようです)

 ⑤水に浸けておく

・・・ということで、50粒ほどの種を確保・・・寒い玄関先で夜なべしながら準備をしたのでしたw

※この記事・・・不定期に続く予定。
 このくらいノルマつくらなきゃ、また2月そこそこでブログ書かなくなっちゃうからね。


本日の支出
ローソンの『ソフトクッキー』名前忘れた    ¥135-

|

« 純米代吟醸酒 井伊直虎 (富士高砂酒造) | トップページ | 富士山本宮浅間大社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスウリ 種まき(その1):

« 純米代吟醸酒 井伊直虎 (富士高砂酒造) | トップページ | 富士山本宮浅間大社 »