« もうすぐ「秋祭り」 | トップページ | 俵 完成 »

2005/09/05

俵作り

 昨日の疲れか?・・・朝から妙に眠たかった。・・・が、帰宅後、昨日に引き続き「秋祭り」の準備へ。
今日は「俵作り」・・・屋台装飾用。・・・なんだけど、祭当日、屋台の上から「餅捲き」をする時、古い俵を1~2個一緒に投げるので、その補充も兼ねて毎年作っております。

まず、準備段階として・・・俵作り用に「青い藁」を準備します。(実際はそんなに青々してはいませんが)で、藁の下の部分の余分な葉っぱ(ハカマと呼んでます)をとって、真っ直ぐの藁にします。・・・それがある程度の量になれば作業開始。
090505①「麻紐」をおもりの石に巻き付け、棒に掛けます。
②藁を4本ほどの束にして、棒の上に並べ、朝紐を巻き付けていきます。
③藁の向きを変えて、その上に乗せ、麻紐のうちの2本を巻きます。
④また向きを変えて乗せ、今度はさっき使わなかった方の麻紐を巻き付けます。・・・これの繰り返し。
これが、俵の胴の部分になります。・・・なぜ互い違いに紐を巻くのか?・・・本物の俵は「米」を入れるのですが、その時こぼれるのを防ぐため、「目」を小さくするための工夫なのだとか。
090503090502こちらは「俵のフタ」の部分を作っているところ。・・・お皿を使って丸くなるように藁を広げ、縁を編み込んでいきます。・・・この作業で毎年数枚のお皿が割れてしまうのですがw
こちらの作業は「かなりの技術」が必要なので・・・私には出来ません。・・・もっぱら「胴部分の担当」です。
090504これは、見てのとおり「縄」を綯っているところですが・・・いちおう「稲荷神社用」ですので「左縄」・・・しかも細く均一の太さで作らなくてはいけないので・・・こちらもかなりの技術が必要

というような作業を・・・「ビールを飲みながら、無駄話をしながら」進めていきます。・・・当然一日で出来る訳はなく・・・明日も作業が待ってます。

本日の支出   ダイドー イタラッテ  ¥120-
          鉄腕バーディー-10-  ¥530-

|

« もうすぐ「秋祭り」 | トップページ | 俵 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俵作り:

« もうすぐ「秋祭り」 | トップページ | 俵 完成 »