« こんなの見つけた。 | トップページ | キウイの花(その2) »

2005/05/29

クサイチゴ

まずは写真を・・・
noitigo02noitigo01
うわっ。「野いちご」見たの、何年ぶりなんだろ?・・・今日、三ヶ日の山の中で発見。・・・「山の中」とは言っても、普通のみかん畑の横なんだけど。

今日、三ヶ日の姉の家に遊びに行きまして・・・先日の会話を思い出したのか、「そういえばキウイの花咲いたよ。見に行く?」・・・先週「フェンス越し」にしか見ていなかったので「是非に」と連れて行ってもらいました。
そこは「三ヶ日インター手前の山の上」・・・義兄の案内で道端に車を止めて山道を数分・・・山の斜面のみかん畑に着きました。
そこには立派な・・・ほとんど野生化した?・・・キウイの樹が!!
・・・キウイの件はまた後日改めて報告しますが・・・
確認したいこともあったので、山道を上へ上へ・・・足場の悪い中、子ども達も付いてきました。・・・で、そこからの帰り道に「野いちご」発見!!

写真を撮った後、私と義兄は「パクッ」と一口・・・初めて見る「おねぇ」と「ひろ」(息子です)は恐る恐る手を伸ばしかけると・・・義兄が「蟻がついているときもあるから気をつけてね!」・・・いや、親切に言ってくれたんだとは思うけど・・・手を引っ込めてしまいました。・・・「食べないの?」・・・「アリはイヤ!」

それでも食欲旺盛な「ひろ」は・・・「ボク洗って食べる!!」・・・ということで、おねぇが5~6個ハンカチに包んで持って帰りました。

洗ってもらった「野いちご」・・・二人とも「おいしい!!」と簡単に食べてしまいましたが・・・本当は「洗わずに食べた方が美味しいんだよ」

※「野いちご」つながりで、いつもおじゃましている「ポージィの花etc.記」さん「ナワシロイチゴ?」にTBしました。

|

« こんなの見つけた。 | トップページ | キウイの花(その2) »

コメント

こんにちは。
TBありがとうございました。
いいですねぇ~野いちご食べられたんですね!
見るからに美味しそう。
葉っぱも全然虫食いになっていないんですね。
私が見つけたナワシロイチゴとは大違い。
お子さんたちも野生の味を知ることができて
とってもいい思い出になったでしょうね。
私も、たった1回食べたきりの野いちごが
忘れられない思い出になっていますから。

ひとつ前の記事の、もりかみさんおっしゃるところの
「コップブラシの木」、おっしぃー!
「ブラッシノキ」(英名:ボトルブラッシ)と言いますですよ(^^)

投稿: ポージィ | 2005/05/30 11:12

ポージィさん こんばんは
「野いちご」美味しかったですよ~w
ただ、私が子どものころ近所の山で食べたのは、もっと「つぶ」が大きかったので、たぶん「ナワシロイチゴ」の方なのでしょうね。

さて、勝手に「コップブラシ」と命名した「あの木」・・・「ブラッシノキ」と言うのですかw・・・見たまんまなのですね。
あの花の形・・・あまりにも「特徴的」ですから、無理もないかな。


投稿: もりかみ | 2005/05/30 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78374/4331415

この記事へのトラックバック一覧です: クサイチゴ:

» 犬柘植(イヌツゲ)の漆黒の実 [花筏…]
犬柘植が黒い実を稔らせた 5ミリメートルほどの小さな実だが 艶が有り、漆黒を連想させ 存在感が有る 我が家の犬柘植は 棕櫚の木を移植した時に 付いていたらしく、自然に生えてきたもので 20年以上経つが 樹高1メートル位で 葉もまばら 犬柘植の『犬』の意は、 「似てはいるが,あまり役に立たないもの」 の意味で使われ るようだ つまり、櫛の材料の黄楊(ツゲ)に似ているが 櫛の材料になら無いと言うことか 私も、黄楊材が手に入ったので 作品を作... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 21:08

« こんなの見つけた。 | トップページ | キウイの花(その2) »