« 異常警報! | トップページ | ホンダラ行進曲 »

2005/03/24

いろいろたまご図鑑

SAVE0020書店に入り、コミックスコーナーへ。途中「子供の本」が並んでいます。その一角、子供向けの「かいけつゾロリ」とかではなく、「あらしのよるに」とかの「大人向け子供の本」が並んでいるテーブルに、この「いろいろたまご図鑑」は置いてありました。
 いや、ほんと何に惹かれたのだろう?一目見ただけで欲しくなってしまいました。で、手に取りパラパラと・・・へぇ、あの憎らしい(我が家の花の芽を食べてしまう)ヒヨドリのたまごって、赤くてきれいなんだなぁ。・・・おっ、ウミウシのたまごって、なんかすげー。
 ひとまずテーブルに戻し、とりあえず今日の目的の本を探す。で、財布の中身と相談して・・・よし、ぎりぎりのところで買えるな。・・・ほんとにぎりぎりでした。

 でも、買ってみて満足。カラフルな鳥たちのたまごの写真に加え、かわいい雛や親鳥の写真も載っているのです。

 表紙の写真拡大してみてください。とりあえず左上から ・コルリ・ナナフシモドキ・オオカマキリ 2番目 ・ヤマビル・シマミミズ・シロチドリ 3番目 ・サケ・マダコ・メダカ 一番下 ・ネコザメ・アメフラシ だそうです。・・・名前を見ただけで「えっ~」と思う生き物もいますね。

 そうです。この本。ふつうの「見てかわいい」生き物だけでなく、なんか「親の姿は見たくない」生き物まで載っているのです。・・・たまごと親の写真が。

 表紙にある「ヤマビル」のたまごなんて、なんかスゴイでしょ?でも、親の姿は・・・。それに昆虫のたまごって、写真で見る分は良いけど、実際実物を見つけたら・・・。
 えっと。この本。「ハエ」や「カ」「ゴキブリ」のたまご(と親)の写真まで載ってます。あと、写真でも「勘弁して」のたまごも。

 ごめんなさい。あまり一般的な本じゃなかったです。多少ゲテモノ趣味がないと全部を見るのはちょっとつらいかも。でも、一見の価値はありますよ。鳥のたまごのページだけでも書店で見てください。

「いろいろたまご図鑑」 ポプラ社 ¥1650-(税別)

|

« 異常警報! | トップページ | ホンダラ行進曲 »

コメント

こんにちは。
「いろいろたまご図鑑」のタイトルを見た瞬間、
パッと思い浮かんだのは虫の卵でした~(^^;)
粒々びっしりの虫の卵大の苦手なんですよぉ。
『あ、何だ鳥のたまごかぁ』と安心したのもつかの間
やっぱり「いろいろ」でしたね。
見たいような見たくないような… 
いや現実から目をそむけてはいけない。
心を縛っているものを解き放って(オーバーな…)
別の視点から見れば、色々な形や色があって面白いですね。
アメフラシなんて親も写真でしか見たことありませんが、
卵なんてまったく初めて。まるで毛糸くずのようですね!

投稿: ポージィ | 2005/03/24 11:00

この本。「虫」「鳥」「魚」・・・の順で構成されているのですが、立ち読みで開いた「本の真ん中」あたりが、ちょうど無難な「鳥」のページなんですね。冷静に「1ページ目」から立ち読みしていれば、購入をためらったかも?
(実際、1ページ目から読んだおくさんは、本を放り投げました。)
「両生類」と「土の中の生き物」もかなりキツイです。ご注意を。

投稿: もりかみ | 2005/03/24 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78374/3414014

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろたまご図鑑:

« 異常警報! | トップページ | ホンダラ行進曲 »