« 残業シーズン(2日目) | トップページ | ひと山越えました。 »

2005/03/17

ペリーヌ物語

SAVE0015 ペリーヌ物語
 1978年1月1日~12月31日 全53話
 世界名作劇場4作目(ハイジからだと5作目)
 原作 エクトル・マロ 「アン・ファミーユ」

 再放送の多い「あらいぐまラスカル」と原作がとても有名な「赤毛のアン」の間に放送され、知る人ぞ知る作品。(私見だけど)この作品の好きな人は本当に大好きな人が多いね。(私を含め)
特筆すべきは、放送話数。1年は365日。52週なんだけど1月1日が日曜日だと12月31日も日曜日になります。で、日曜夜7時30分~の放送だった本作品は53話。 「正月」に始まり「大晦日」に終わってるんです。(今の特番の多い時代には考えられませんね。)
 前半の旅の部分はとてもつらい話なんですが、後半「オーレリィ編」は盛り上がります。大晦日に見た最終回の感動は!!(いや、「オーレリィ=ペリーヌ」だと解るところが一番の盛り上がりなのだが)

 さて、なぜ突然このような記事を書いたかというと・・・この本をどうしようか今迷っているから。
 CD付きのこの本。原作訳本ではなく「アニメのノベライズ」・・・LDで全話(映画版も)持ってるし、CDだってある。設定資料集って訳でもない。・・・特に買いたくなる理由は・・・一つだけあるのです。

 解説を和田慎二が書いているのだな。これが。・・・マンガじゃないところが、今一歩「購入」に踏み切れない理由。

 でも、和田さんは、案外気がつかないところで「あとがき」とか「解説」とかいろいろやってそうだな。こんな記事「本日の1冊~道草さんのブログ」も見つけちゃった。私の持ってるこの本にも「1ページマンガ」が載ってたりしてるし。
SAVE0016SAVE0017     ← 表 紙     裏表紙 →  


 ペリーヌ物語。3月24日からBS2で放送が始まるそうです。

|

« 残業シーズン(2日目) | トップページ | ひと山越えました。 »

コメント

記事のご紹介ありがとうございます。
和田さんの解説はあちこちにありますよね。
(漫画でというのは割りと珍しいと思いますが)

漫画で有名なのは「ガラスの仮面」の競作が
ありますが、先日再購入した三原順さんの
「はみだしっ子」(白泉社文庫版)でも
1冊確か後書き(文章)を見かけております。
別マの頃には他の作家さんの漫画の中に
『これ和田さんだ』なんていうのもあったような
おぼろげな記憶も…
ペリーヌ物語って確か「家なき娘」のアニメ化
作品でしたよね?
原作は好きで持っているのですが
アニメはまるで属性が無いのでこの情報は
私も知りませんでした。
私もご紹介の本を買ってしまいそうで怖い(笑)

投稿: | 2005/03/18 05:31

実は「画」も載っているのです。「ペリーヌのイラスト」が小さく一つだけ。
でも、以前これと同じカラーイラストをどこかで見かけた気も・・・?
デジャブかな?

投稿: もりかみ | 2005/03/18 23:45

初めまして。
通りすがりに拝見しました。
以前書いた文庫版ペリーヌ物語の件をトラックバックさせて頂きました。

投稿: くあい | 2005/03/19 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペリーヌ物語:

» ペリーヌ物語(竹書房文庫) [かいものろぐII]
前から気にはなってたが手を出さないでいた竹書房文庫のペリーヌ物語をとうとう買った。ペリーヌ物語と言えば、1978年にフジテレビ系列で放送された名作劇場のアニメー... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 12:41

« 残業シーズン(2日目) | トップページ | ひと山越えました。 »