« 雪が降りました。 | トップページ | 久しぶりの新刊報告 »

2005/02/03

節分は「もの」を食う

 さて、節分です。先日から「恵方巻」になぜかこだわっていますが、えぇ、しっかりと我が家でも食しましたとも。(まあ、余り縁起担ぎの意味合いはなく、奥さんが夕食準備を楽にしたかったようなのですが・・・特に何も言うまい。)
で、しっかりと豆まきもしました。夕食後なのに豆も食べました。さらにその後「なた餅」も。

 「なた餅」・・・ローカルな風習なのかな?「きな粉をまぶしたお餅」で、「厄よけ」として豆まきの後、家の近くの「四辻の角」においてきます。で、残りを食す。「厄年」の場合は近所に配ることも。

 そういえば今日の職場の給食には「丸干しイワシ」が付いてたなぁ。日本の風習って、「食べ物関係」多いね。

|

« 雪が降りました。 | トップページ | 久しぶりの新刊報告 »

コメント

こんにちは。
>日本の風習って、「食べ物関係」多いね。

言われてみれば確かに。
私の出身は静岡のお隣、愛知県の東部ですけど
「なた餅」の風習は初めて知りました。
美味しそう...

投稿: ポージィ | 2005/02/04 10:15

>ポージィさん。どうもです。
「なた餅」ってただの「きなこもち」ですから、味の方は期待出来ませんよ。

投稿: もりかみ | 2005/02/04 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分は「もの」を食う:

« 雪が降りました。 | トップページ | 久しぶりの新刊報告 »